テーマ:映画

忍びの国

初日舞台あいさつライブビューイングに行って来ました。 WSで流れたような、ゆるゆるな感じでした(笑)。 最後の三本締めは、共演者の皆さんも観客も、「忍びの国」→「三本締め」と考えたんですが、主役は、「忍びの」→「三本締め」→「顔を上げて」→「国!」という、皆に驚かれる提案を! でも、うまく行って、結果オーライでした(笑)。 さす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忍びの国

朝、お友達からのメールで知りました。 寝耳に水。びっくりぽんです。 アクション、かっこいいでしょうね~♪ 体の重さを感じさせない空気のような動きをきっと見せてくれるはず! 楽しみです。 7月にクランクインとか。休む暇もありませんが、体には注意して、頑張ってください。 この間、いろいろあって、更新が遅れました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年大晦日&Japonism tour & ニノの映画・ドラマ

今年もお世話になりました。 中々更新もできず、残念な年になりましたが、最後に12月のできごとなどを記しておきたいと思います。 Japonism tour には、お友達のご厚意で入ることができました! 詳しいことは書けませんが、 なによりまず思ったのは、 潤君は天才だ! ということ。 歌舞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MIRACLE デビクロくんの恋と魔法

ハワイを書く前ですが、昨日見てきたデビクロ君について忘れないうちに感想を。 ネタバレを含みますので、読んでもいいよ、と言う方だけご覧ください。 相葉ちゃんらしさが出てないという映画評をみていたので、どんな出来なんだろうとすごく心配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピカンチハーフ

ピカンチハーフを見てきました! 申し込みのとき、お友達の電話が見事に繋がり、連れて行ってくださいました~。 嬉しい。 ネタバレなしで感想を書くと、 ハーフという名前の通りの映画でした。 「続・本編」があるのかな?というような内容でした。 ピカンチとピカダブの映像もたくさん映り、 5人とも若かったなあ… とか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陽だまり3 & 33歳おめでとう

先日陽だまり3回目を見て、また泣いてきました。 スクリーンの近くで見たら、最後の場面、真緒さんの最後の登場時、リング指輪つきネックレスしてましたね! ここの意味は監督も決めてないということみたいなので、どう解釈しても良いんですね。 私は新しい恋がいつまでも続いて欲しいと思っています。 さて、今日は大野さんの33歳のお誕生で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒット御礼舞台挨拶 (修正あり)

午後の舞台挨拶に当たり、TOHOシネマズ日劇に行って来ました。 樹里ちゃんはインフルエンザでお休み。もう流行ってるんですね。 見れなくて残念でした。 という訳で、潤君と監督のお二人が登場なさいました。 もうね、 潤君は神々しいほど美しくて、びっくりしてしまいました! 色鉛筆がなくてうまく色を付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陽だまりの彼女 + Nコン (追記あり)

ご無沙汰してます。 母のお世話で実家との間を行ったり来たりしていたので、すっかりアラシゴトから遠ざかっておりました。 少し状況が落ち着いてきたので、録画の編集とかやれるようになりました。ホッ 昨日は陽だまりの初日。 舞台挨拶も申し込みはしましたが、見事に外れました(笑)。 ライブビューイングを申…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎ディ映画鑑賞

今朝、前売券を買うついでに謎ディ映画を見てきました。 残念ながら舞台挨拶のライブビューイングは見られませんでした。 映画は、昨夜のドラマが、なるほどこんな風につながるのかと、興味深く見ました。面白かったです。 映画の出来を心配されている方がいらっしゃるようですが、私は、よく練られた脚本で、面白く、ホロリとさせられる作品に仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本列島 いきものたちの物語

携帯でブログ見ながら、電話をかけようと、携帯を探したトンマな私です(恥)。 こんばんは。 おととい、ようやく相葉ちゃんナレーションの映画「日本列島 いきものたちの物語」を、 動物好きな次男と二人で見てきました。 夜6時からというためなのか、観客6人! 大変ゆったりと観てまいりました。 4人のナレーターによる、屋久…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪物くん

今日、怪物くんを見てきました。 3Dでなく、2Dのほうでしたが、 なんと … 観客4人でした。 (涙) 平日だしね。 3Dはもっと多いのかなあ…。 面白かったですよ。 ほろりとするところもあったし、見た後、温かい気持ちになりました。 うん。 見てよかった、と思いました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3Dですって!

ドラマ中にフライング情報が出ていましたけれど、本当に映画化されるんですね! びっくりしました。 昨晩お友達から一報が入りまして、早速夜中に調べたら、オリコンに載っていました。 WSも取れました。 1,2,3D~、大丈夫か? が面白くって(笑)。 3Dということで、長い手が画面から飛び出してくるんでしょうね、きっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花より男子F

TBSにくぎづけの毎日です。うれしいけれど、大変。睡眠時間を削ってます(笑)。 多分みなさんも同じでは? おとといの花男SP、道明寺の煽りが怖かった(笑)けど、最後に謝ってた潤くんが可愛かった♪ 花男→嵐→ひみつ・魔王の流れがはっきりみえてきて、ほんとに嵐に社運を賭けてるんだ!と、恐ろしくなってきました(笑)。 魔王…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠し砦の三悪人

いよいよコンサートも始まりましたね。 ネタバレをほどほどに巡ってます。 あんまり読むと楽しみがなくなるし、 かといって読まずに1ヶ月は長すぎるし、 読んでおかないとたった1回の参加では見逃しちゃうところが出てくるだろうし、 といったところで、ぼちぼち見てます。 え~っ!なところとか、 わ~!なところとか、 あるみたいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デビュー8周年 & CINEMA SQUARE

デビュー8周年、おめでとうございます♪ノノノ またもや伴走した年月を数えてしまいましたよ。 4年半。 我ながらすごいなあ・・・。この歳になってもまだ、ねえ…。 前みたいな熱い感情はなくなったけれど、応援したくなっちゃうですよね、5人とも。 不思議な人間的魅力のある嵐さんたちです。 これからも応援するので、がんばってね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦略?

先日LA Timesの記事について書きましたが、昨日日経エンタメを読んで、 なんだか事務所の戦略というか、営業方針みたいなのをひしひしと感じて、これから嵐君たちどうなるのかなあという思いが頭から離れなくなりました。 以下、楽しくないことを書きますので、お嫌な方はどうぞスルーしてください。 ニノが褒められることはすご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕は妹に恋をする

観てきました。 以下、ネタバレ含みます。 これからご覧になる方は、絶対読まないで、まずご自分の目で映画を観て下さい。 そのほうが絶対良いと、私は確信しています。 始まってしばらくは、花男と混同したらどうしようと、ちょっと不安でした。 でも、司はまったく出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

+actとBarfout

+actとBarfoutを引き取ってきました。 もうね、表紙を見ただけで嵐ファンって、ばれますね、これは(笑)。 +actは5人が表紙だし、Barfoutは、1冊がニノと優ちゃんで、 もう1冊は潤君と奈々ちゃんですから。 嵐満載です! Barfoutの雰囲気、妖艶で繊細でぞくっとしました。 衣装も画質も雰囲気も凝っていて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硫黄島からの手紙 感想

感想を書きます。映画を見てない方は読まないでくださいね。 涙は流れるが、ひどく感傷的な気持ちからではないという、不思議な読後感(映画だとなんというのでしょうか)を味わいました。 事実の積み重ねの重みや、人間の愚かさが、じわじわと締め付けてくる感じでした。 栗林やバロン西たちが築いてきたアメリカ人との個人的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硫黄島からの手紙

雑誌の試写会に応募して当選したので、昨晩、「硫黄島からの手紙」をみてきました。 言葉や感想が出てこないくらい圧倒的な映画でした。 どうぞ皆さんもご覧になってください。 感想は後日書きたいと思います。 日本のこのような歴史を、この歳になって、それもアメリカ人の手によって知ることになるというのが、恥ずかしいことだと思いました。製…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画

お久しぶりです。この1週間、仕事やプライベートでとても忙しくて、更新できませんでした。すみません。 嵐関係も忙しかった~。 硫黄島関係のニュースがたくさんあって、そこで名前を連呼されるニノが誇らしかったです。 うれしくて、うれしくて、何度も何度も暇を見ては録画を見返してました。 奥さんとの2ショットは、お母さんに甘える子ども…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo tower

地上波初登場の「Tokyo tower」。テレビで大勢の人に見てもらえるのはうれしかったけれど、大幅カットがあって、デイテールはもちろんのこと、それの積み重ねの上にある主旨が伝わらないもどかしさを感じてしまいました。 テレビ放映の限界。本当に見たい映画はテレビで見るべきではないなあ・・・。 で、ジャグジーは放映されないかと思った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more