テーマ:舞台

しやがれ勝村さんの回

しやがれの勝村さん、 ニノに辛辣な言葉を投げかけていたけど、親密だからあそこまで言えるんだなあと、妙に感心してしまいました。 潤君にはもう少し距離がある感じ? たぶんワルキューレの時の話だと思うけど、 潤君がそこまで落ち込んでいたのかと、正直驚きました。 私はどう思っていたのかなと、あの時の観劇の記録を調べてみたら、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

組曲虐殺

井上ひさし作『組曲虐殺』を見てきました。 井上作品は、ひょっとしたら、テレビの『ひょっこりひょうたん島』以来かも…。 お芝居と歌から構成されているのはひょうたん島と同じですね。 でも、主題があまりに重くて。 主人公は小説家の小林多喜二。 今も読まれている『蟹工船』などを書いた、プロレタリア文学の作家です。 小作人、貧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間違えました

すみません。 昔のWSS観劇記録がなぜか前々回のところに上がってました。 2004.12に移動しましたので、ご覧になりたい方はPC画面の右側にあるブログテーマ欄「舞台」で探してみてください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝ、荒野 12月1日ソワレ 

ついに「あゝ、荒野」を観劇してきました。 この日まで、長かった…。 当日券にも随分と電話かけしました。 でも、届かず。 お友達のご厚意で行かせてもらえた大切な公演。 ありがとうございました。 千穐楽の前日という、とても貴重な日に見ることができました。 事前に劇評も色々と読みました。 好意的なものばかりで、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ホットペッパー!

ホットペッパーのサイトで20パターン見れます♪ もうね、PCの前で、 やさしい~ だの、 ひど~い だの、 キャー、恥ずかしい~! だの、 わめいております(笑)。 カット編は、モモちんみたいだし(喉仏をつまんだりするところ?)、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

見知らぬ乗客 8/9

5×10、 なんだかSKETCH(でしたっけ?)を髣髴とさせる曲じゃありませんか? まだ歌詞を堪能してないのですが、この10年の歩みを振り返っているような歌詞みたいなので、じっくり聞いたら、きっと涙ものかも…と思ってます。 さて、表題の舞台ですが、 あれから毎日電話をかけ続けました。 1時40分に終了を聞いた日もあれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンフィンガーズ

27日に相葉ちゃん舞台「グリーンフィンガーズ」を観てきました。 折からの雪に凍えました~。 1回かぎりの観劇なので、印象的なことだけ。 以下、ネタバレです。 お話はもうご存知でしょうが、弟を殺して10年間服役していたコリンが主人公です。 罪を悔い、自己にも他人にも素直になれず、自暴自棄な態度のコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマツカゼ千秋楽おめでとう♪

アマツカゼ千秋楽を無事に終えた大野君、 おめでとう! いつもお邪魔している素敵なファンサイトさんに、 大野君がカーテンコールで、両手で泣き顔を隠してしゃがんじゃった と書いてありました。 読んだだけで、 しゃがんで泣いている、かわいい大野君の姿が浮かんできて、 こちらまで涙目になりました。{%汗…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アマツカゼ 感想

2回目のアマツカゼ、観劇してきました♪ いきなりですが、カーテンコールはなんと7回(たぶん)。 全員が3回で、大野君一人で4回。最後の2回は、コンサート並みに手拍子が揃ってのアンコールに応えて出てきてくれました。 最後の最後に「ありがとう」って、ちょっと笑顔を見せてくれたけれど、ず~っと笑顔なし。凪のままでした。カーテンが下が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春のアラシ

昨日、スーパーの雑誌売り場を覗いたら、あの雑誌、この雑誌、嵐ちゃんだらけではありませんか! ピンクの、桜の花のような嵐さんたちに、思わず顔がほころび、全買いしてしまいました(汗)。 テレビ誌4誌(ひとつは「猟奇的な…」の表紙ですが)も買うなんて、レジの方、不審に思ったことでしょうね(笑)。 電車にはシャバダバなニノちゃんがいるし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『忘れられない人』

本日、最初で最後の「忘れられない人」を見てきました。 途中から泣きっぱなしで、目も鼻も真っ赤になって、恥ずかしくて、帰るに帰れなくなってしまいました(笑)。色が取れるまで喫茶店に付き合ってくださったお友達、ありがとうございました。 清潔で、淡い色彩の、爽やかな切なさが描かれた、とても良い舞台だったと思います。 相葉ちゃんはあま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヴェニスの商人

この前、天王洲 銀河劇場にて「ヴェニスの商人」を観てきました。 一日遅かったら台風のために行けなかったかもしれないという日でした。 降りた駅の構内に磯の香りが流れ込んでくるという所で、地上に出るとすぐそばに海が見えました。これがウォーターフロントなんですね。言葉では聞いてはいたけど、初めて行きました。 おしゃれな街並み。 だけど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

転世薫風 東京千秋楽 おめでとう!

転世薫風の東京千秋楽が終わったそうです。 智くん、やっぱり泣いてしまったようで。 大変な動きでしたもの。 がんばったね。 お疲れ様! まだ大阪もあるので、気を抜かないでやり遂げてください。 きださんの日記に逐一報告が載っています。 大野君の名前入りの「祝千秋楽」の品、座長としてがんばっている大野君の姿が伝わってきて、じ~ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

転世薫風 観劇 その3

17日の昼公演、ついに私にとっての薫風ラストを観てきました。皆様のお陰で息子も見ることができました。ありがとうございました。 今日はオペラグラスでじっくりと智さまの表情を見てきました。これまでの2回は全体を見たのですが、今回は大ちゃん中心で。 これがとても良かったのです。画面いっぱいに大ちゃんがいて、色々な表情が見れるのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

転世薫風 観劇 その2

昨晩、第2回目のクンプーを観てきました。 カーテンコールで、大野君たら、 「無事に千秋楽を迎えました」 って、真顔でご挨拶! えっ!?と思ったら、劇団員の方たちが手を振って違う違うって(笑)。 「まだ半分くらいありますね」 と、笑いながら大野君。 茶目っ気たっぷりでした♪ 今日も少し声が枯れてたような気がしました。 体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

転世薫風 感想その1

一昨日見てまいりました。 ガリガリが心配だったのですが、それだけでなく、最初、声も枯れていたので、大丈夫かなあと心配でした。 でも、動きもよく、2時間半近く出ずっぱりでがんばっていました。声も後半は気になりませんでした。 プーシリーズをはじめ、大野君のこれまでの活動のすべてが詰まったような内容で、うっとりしたり、わくわくしたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西山外科

転世薫風開幕!おめでとうございます☆ 来週見に行きます。楽しみです。 大ちゃん、がんばれ~! 今日の「子どもの晩ご飯」で、大ちゃんが子どもの頃、よく怪我をして、「西山外科」に行ったって。「どこ?」ってフリップがでていたけれど、 私には分かります! やっぱり大ちゃんは小さい頃、私のご近所さんだったのね!どこかです…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

忙しくて・・・

クンプー、お友達のお陰で、息子もなんとか行けそうです。ご協力、ご心配いただきました皆様、本当にありがとうございました。感謝しております。また何かの折、私でお役に立つことがありましたら、どうぞおっしゃってください。 転世薫風でのアクセス件数が異常に多くて、中身のない日記で本当に申し訳ありません。 キダさんが大野ショーにするとおっし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チケット落選・転世薫風

クンプー、6口申し込んだのに、1口しか当たりませんでした・・・(涙)。 それも息子名義の分で、私名義は全滅。 いや~、しかし、予想通り激戦だったのですね。 しばしショックで立ち直れそうにありません。 しかし、そんなことを言っていたらますます悪い結果に。 気持ちを切り替え、先行、一般でがんばります! 皆さんがどうか当たりま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

元気です。

「キャラ忘れた」という潤君の言葉にショックを受けていたのですが、表情はそんなにさっぱりしたものではなく、感慨深そうで、慈愛に満ちたものだったと知り、安堵感を覚えています。よかった。 様子を教えてくださった方に感謝しています。そして、今もきみぺを愛している同志の方たちが多くいらっしゃることを感じ、うれしくなりました。 前へ前へと進む潤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おめでとう♪

潤君,千秋楽、おめでとう♪ 無事終了し、カーテンコールでは笑顔が見れたようで、ほんとうによかった。 土曜日は心配でオタオタしちゃったけれど、一ヶ月頑張りを見せてきた潤君にとって、それは単なる通過点。素晴らしさに変わりはありません。 本当に,本当に、おめでとう。 白夜では、いままでにない「核だけ」の松本潤をみせてもらいました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白夜の女騎士 その2

23日,白夜の2回目の観劇に行ってきました。 潤君の声は相変わらずハスキーで、ヨーデルは最初にちょっと声が出ただけでした。 でも,体の動きは悪くなく、フライングもきれいでした。 とはいえ、カーテンコールでは笑顔が出ず、疲れているように見えました。 がんばれ~!! 舞台は前回よりもこなれてきていて、アドリブも増えてました…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

白夜の女騎士

9日のマチネを観てきました。 とても興味深く、充実したお芝居でした。 主題については色々と考えさせられるところが多く、いまも咀嚼中です。 潤君は、本当に頑張っていました。 蜷川さんの狙っていた、「いろいろなものを剥いじゃって、自分の核しかない松本」に近づいていたように感じました。その無垢な潤君が役に合っていたと思います。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

蜷川さん

仕事に追われ、書けないままに5日が経ってしまいました。感想の賞味期限切れかなぁ。なにが書きたかったか、はっきりとは覚えてません。歳ですねえ…。 その間に、Gの嵐があって、いたいけな潤様のお姿にお腹の皮がよじれるほど笑わせていただきました。ポポロでの、百合の花と競うが如くに美しい松本様と同じ方とは思えませんでした。 それにしても、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニノのいない嵐 & ザ・ビューテイフル・ゲーム

一昨日のHEY!×3、ニノのいるべき場所がぽっかり空いていて寂しかった…。 Gの嵐のマイナースポーツの回でも、寂しいなあと思いました。 5人で嵐。一人欠けるということの意味の大きさを初めて知りました。 その分、メンバーががんばっていますね。 HEY!では大野君が仕切ってました。潤君にガン見されて、その視線を避けるように相葉ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AJS 1/21

1月21日のAJS 受験生、周りの方、頑張ってという話から始まったAJS。話の筋はうろおぼえなので、記憶に残っていることだけメモします。 今年の運勢は悪い…例えば、 ハワイに行く飛行機の中でのどを傷めたこと。 これまでつけていたクロスのペンダントが切れたこと。 代わりに付けようと思ってハワイで買ったペンダントもなくしてしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幕末蛮風10/5

本日行ってまいりました。 なんと形容すれば良いのか、言葉が見つからないのですが、殺陣と音楽とドライアイスが印象的な、一大スペクタクル(?)なショーという感じでした。単なるお芝居ではないような気がしました。 ONEが流れ、そのうちA・RA・SHIになって、皆の手拍子に迎えられてお芝居が始まりました。 お話は新撰組を下敷きにして、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燕のいる駅

25日に「燕のいる駅」を初めて観に行きました。ニノや潤くんの舞台は、出ずっぱりに近い主演だったのに比較すると、相葉ちゃんの舞台は、他の出演者の中にほどよく溶け込みつつの主演で、少し違う印象を持ちました。アイドル主演、という感じが全面に出ず、より普通のお芝居に彼が出演しているような感じがしました。こんな舞台も良いですね。 お芝居では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エデンの東③

断片的な感想です。 対立が際立たないような人物設定になっている(意図されたものなのでしょうが)ので、やり場のない、救いのないキャルの悲しみ、そして唐突ともいえるようなハッピーエンドに思えるのかもしれません。 また、主題には関わりないんですけど、ハミルトンさんって、なにものでしょうか。 ケイトがキャルに、「ハミルトンはおまえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エデンの東②

前に、「悲劇の積み重ねの最後にキャルに祝福が訪れますが、欲を言えば、そこをもっと静かに(ギャグなしで)説得的に描いて欲しかった…。私的にはスッキリ感が少し足りませんでした…」と書いたのですが、この点について色々と考えてみました。 私は、劇を見た後、解消できない心の澱(おり)のようなものをもったまま帰宅しました。涙も出ない重い気分で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more